捕鯨ライブラリーのアーカイヴを作りました。

http://luna.pos.to/whale/ が消滅していたのですが、サイト作成者の Masaaki Ishida 氏(石田氏)の許可を取り、捕鯨ライブラリーのアーカイヴを作りました。見ず知らずの私のメールを見て、中に立って、捕鯨ライブラリーの管理人の石田氏に連絡してくれた方がいまして、かなり手間をかけてくれた様子なので、氏に感謝です。
経緯は以下の通りです。

2022/05/09(月)

    • 捕鯨ライブラリーのサイト http://luna.pos.to/ が DNS が反応するのに繋がらないので、サーバー会社である atw.jp 社の障害報告フォームに復旧要請する。
    • 同日、 pos.to のサービスは終了していて、契約者にも通知済みと返信が来る。
    • 捕鯨問題で知り合った仲間のあちこちに、サイト消滅を報告。
    • 捕鯨問題で活動していて知り合った仲間が、 https://usewill.com/dpoke/c/UW24/UW24974.html というページを見つける。これにより、 pos.to のウェブ・サービス終了、メール・サービス終了のソースが出る。これにより、私が石田氏に連絡をとっていたメアド luna@pos.to も消失した事が判明する。
    • 消失前に、こちらでスペースを提供する事まで考えて、捕鯨ライブラリー最終版をリップしていた。また、人からアーカイヴを公開する事を勧められたが、石田氏の許可を取れていなかったので、仲間内で見本として見せるミラーサイトは作れたものの、公開する決断が出来なかった。

2022/05/12(木)

      • 捕鯨問題界隈で石田氏を直接知っていそうな人を検索して見つけ、石田氏にミラーサイトを作る許可が欲しいが、氏を直接知っていて連絡が取れるかメールをする。

2022/05/13(金)

      • 上メールへの返信で、都合があってやるのが月曜日まで遅れるが、郵便で連絡を試みてくれるという回答が来る。

2022/05/20(金)

      • 石田氏から、私がメールした人から連絡を貰ったと、私の知らないメアドでメールが来る。過去にあったサイトのアーカイヴとして公開するなら問題ないという文言で許可が降りる。
      • アーカイヴ・サイト Whaling Library Archive 一般公開。
      • メールした人と石田氏の両氏それぞれにお礼のメールをする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*