GA-MA69G-S3H マザーボードのパソコンの BIOS をアップデートしました.(12/17)

VirtualBoxthe Fedora 13 だった時の Ubuntu 10.10 PC にインストールしたところ, AMD-V に対応していないのが分かりましたが, BIOS アップデートで出来る事が分かりました.それd, Ubuntu 10.10 PC と Windows XP PC (どちらのマザーボードも GIGABYTE GA-MA69G-S3H です.)

GIGABYTE TechnologyBIOSアップデート方法を見て,印刷しました.

  1. GIGABYTE – Motherboard – Socket AM2 – GA-MA69G-S3H (rev. 1.0) から BIOS F7 をダウンロード.
  2. 実行してファイルを展開.
  3. Windows XP PC でフロッピー・ディスクを DOS/V ファイルシステムにフォーマット.
  4. gama69gs3j.f7 をフロッピーにコピー.
  5. 再起動して, [TAB] キーを押し, BIOS が古い事を確認.バージョンは F4 とかだった.
  6. 再起動して [DEL] キーを押し,BIOS セットアップ画面になったところで, “Load Optimized Default” を選択して,ロードさせ, “Save & Exit” .(実際にやったか記憶が定かではないが,これは必要だったはず.)
  7. 再起動して [DEL] キーを押し,BIOS セットアップ画面になったところで, [F8] を押し, Q-Flash の画面に行く.
  8. “Update the BIOS from Drive” を選択して [Enter] .
  9. “Floppy” を選択し, BIOS ファイルにカーソルを合わせる. [Enter] キーを押すと,本当に BIOS をアップデートするのか訊いてくるので,[Enter] .
  10. 終わったら,何かキーを押し, Q-Flash メニューに戻る. [ESC] を押す.
  11. マニュアルには, “Are you sure to RESET?” で [Enter] を押せと書いてあるが,実際にやったかどうか定かではありません…
  12. AMD-V で Virtualize 出来るようになる.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

4 − one =

*